Uipath 日付計算

2020-06-24処理対象別, 日付

準備

計算したい日付(DateTime dtmEditDateTime)を格納変数を定義します。

計算結果日付を格納変数(DateTime dtmResultDateTime)を定義します。

日付加算、減算

vb.netのdtmEditDateTime.AddYears(int value)を使用して、年数を加算することできます。

第一引数(dtmEditDateTime)は計算したい日付です。

第二引数(value)は計算年数(マイナス入力可)です。必須です。

計算対象計算メソッド
AddYears
AddMonths
AddDays
時間 AddHours
AddMinutes
AddSeconds
ミリ秒 AddMilliseconds

メッセージをログ」アクティビティで結果を出力して確認いきます。

日付の差

vb.netのDateAndTime.DateDiff(DateInterval Interval, DateTime Date1, DateTime Date2, FirstDayOfWeek FirstDayOfWeek, FirstWeekOfYear FirstWeekOfYear)を使用して、日付の差を取得することできます。

第一引数(Interval)は差分の単位です。必須です。

差分の単位 メソッド
DateInterval.Year
DateInterval.Month
DateInterval.Day
時間DateInterval.Hour
DateInterval.Minute
DateInterval.Second
ミリ秒 AddMilliseconds

第二引数(Date1)は計算用日付1です。必須です。

第三引数(Date2)は計算用日付2です。必須です。

第四引数(FirstDayOfWeek)は週の最初の曜日です。省略可。省略の場合、日曜日を指定します。

第五引数(FirstWeekOfYear)は年の最初の週です。省略可。省略の場合、1月1日を含む週を指定します。

メッセージをログ」アクティビティで結果を出力して確認します。

2020-06-24処理対象別, 日付

Posted by smallStar