設定ファイルの読み取り方法(Dictionary)_ロボットの最初の一歩

2020-09-18フレームワーク サンプル,実践サンプル

実際、ロボット運用する時、クライアント側から必要な変数を設定したり、変更したりのケースが多いです。

もしこの変数は全部ロボットの中で定義すると、一つずつ修正するのは大変だし、修正したのソースコードは再テストやパブリッシュしないといけない、時間の無駄と思います。


そして事前にクライアント側定義したいの変数を洗い出して、設定ファイルを作るのは一番いいと思います。


今回は設定ファイルを読み取る方法について説明いきます。

Dictionaryとは

今回はDictionaryを使って、設定ファイルを値を読み取る方法を紹介します。
Dictionaryはコレクションの1つです。キー(key)と値(value)ペアを保持するオブジェクトです。

設定ファイルを作成

今回はEXCELを使用して設定ファイルを事前に作成します。

下図のような設定ファイルを作成しておきます。

シートの名称とA列のkeyをメモしておきます。

データ取り出し

Excel アプリケーションスコープ」を使用して、EXCELのデータを取り出します。

今回は「引数」を使って、対象ファイルのパスはパラメータとして取得します。「引数」の設定は下図の通りです。

右側のプロパティパネルで「出力」で 「Ctrl + K」を押して、出力のデータテーブルを設定します。

定義Dictionary変数

「引数」のパネルでDictionary型の変数を作成しておきます。

「代入」アクティビティを使用して、変数「DicSetting」を初期化します。

そすると、格納要のDictionary引数を用意しました。

データ書き込む

「繰り返し (各行)」アクティビティを使って、エクセルデータを繰り返して、「代入」を使用して、 変数「DicSetting」 にkey-valueのペアを書き込みます。

確認

最後は「代入」を「メッセージをログ」を使って、結果を確認します。

正常にキー「id」の値「app01_id」を取得しました。