uipath アプリケーション 起動 5つ方法

2019-10-03Uipath裏技

uipathでロボットを作成する時、よくある一つ問題はどうやってアプリケーション起動すること。アプリケーションを立てずに、次の処理は進められません。今回はアプリを起動方法を説明いきます。

アプリケーションによって、起動方法はそれぞれですが、今回はまとめて5つの方法を紹介いきます。

アプリケーションを開く (Open Application)

最初は一番簡単の方法を説明します。Uipathで自動起動したいのアプリは普通の方法で起動しておきます(ふつはアプリのアイコンをフォルダクリックして立ち上げます。)。そして「アプリケーションを開く (Open Application)」アクティビテを使って、アプリを起動できます。

1.0 「システム」→「アプリケーション」→「アプリケーションを開く」を選択します。

2.0 「画面上で ウィンドウを指定」をクリックして、開いたアプリを選択します。実際はここまでアプリ起動できます。一回保存して実行して見てください。

3.0 時々は指定されたファイルをアプリを開くたい場合があります。このケースはどうすればいいがと悩んでいる方いるかもしれません。

アクティビテのプロパティところに「引数」入力ボックスがあります。これに正確に指定されたファイルのパスを設定すれば、うまく起動しますよ。

例 「C:\uipath_test」フォルダの中、「test.txt」ファイルを開きたい場合、「引数」に「C:\uipath_test\test.txt]を入力して、実行します。

プロセスを開始(Start Process)

アプリケーションの絶対パス分かれば、「プロセスを開始(Start Process)」でアプリケーションを起動できます。

1.0 「システム」→「アプリケーション」→「プロセスを開始 」を選択します。

2.0アプリケーションの絶対パスを入力します。

3.0「引数」の入力ボックスに開きたいファイルのパスを入力してください。

ホットキー WIN+R

1.0 先ず「ホットキーを押す(Send Hotkey)」アクティビテを選択してください。

2.0 「Win」をチェックして、「キー」入力ボックスにrを入力します。

3.0 次は「クリップボードに設定(Set To Clipboard)」を選択してください。

4.0 入力ボックスに起動したいの アプリケーション の名称または絶対パスを入力します。

5.0 最後「Ctrl」+v と 「enter」二つ 「ホットキーを押す(Send Hotkey)」アクティビテ を選択します。

6.0 実行してみます。「メモ帳」を起動することできます。

特別アプリ起動

Excelファイル

1.0 「Excel アプリケーションスコープ(Excel Application Scope)」を選択します。

2.0 入力ボックスに起動したいのExcelファイルのパスを入力して、起動できます。 指定したファイルが存在しない場合、 Excel アプリケーションスコープ(Excel Application Scope)」 は 自動的に新規することできます。本当に便利と思います。

Wordファイル

1.0 先ず「パッケージ管理」で「Uipath.Word.Activities」をインストールします。

2.0 使い方は 「Excel アプリケーションスコープ(Excel Application Scope)」 を参考してください。

ブラウザ

1.0 「ブラウザを開く(Open Browser)」を選択してください。

2.0 入力ボックスにアクセスしたいのURLを入力して、ブラウザ起動できます。

アイコン ダブルクリック

1.0 最後の手段は直接デスクトップにあるアプリケーションのアイコンをダブルクリックしで、アプリケーション起動できます。

ダブルクリック(Double Click)」を選択してください。

2.0 「画面上で指定」を使って、起動したいアプリケーションのアイコンを選択します。

3.0 この方法いろいろ影響を受けやすいですから、お勧めしません。

2019-10-03Uipath裏技

Posted by smallStar