001 Uipath引数を定義する

2.0引数,逆引き

001 Uipath引数を定義する

Define-argument

方法

1.0引数パネルから引数を定義できます。

2.0アクティビティの中で引数を定義できます。

3.0プロパティパネルで引数を定義できます。

手順

1.0引数パネルから

 1.1引数パネルを開きます。

 1.2名前列に「引数作成」のところをクリックして、引数名称を入力してください。

 

2.0アクティビティ内から

引数の場合は、ショートカット「Ctrl+M」を使って、引数が定義できます。

 2.1引数を定義したいの入力ボックスをクリックします。

 2.2ショートカット「Ctrl+M」を押します。

 2.3引数の名前を表示されてるの「引数設定」入力ボックスにを入力して、「Enter」キーを押してください。

 2.4定義したの引数は自動的に「引数パネル」に追加されます。

3.0プロパティパネルから

 3.1プロパティパネルを開きます。

 3.2対象プロパティの入力ボックスでショートカット「Ctrl+M」を押します。

 3.3「引数設定」に引数の名前を入力してください。

 3.4定義したの引数は自動的に「引数パネル」に追加されます。

Tips

Uipath引数はワークフロー中で別のサブワークフローやプロセスなどを呼び出す時に渡すデータのこと。

データを動的に格納して渡すため、サブワークフローを何度も再利用できます。